<p>7月になりました。</p>
<p>2016年も半分が終わり、いよいよ後半へ突入ですね。</p>
<p>前半を振り返り修正ポイントを確認してみてください。</p>
<p>花火やかき氷、お祭りもありますね。海に、山に、夏を満喫しましょう。</p>
<p></p>
<p>2016年は『深める年』『実践する年』、にしたいと想っております。</p>
<p>縁を、知識を、愛を、心を、力を、技を、人間力を等々~ <br />
深めて実践していきたいです。</p>
<p>&nbsp;</p>

紫音佑木の占いメールマガジン


メールを受信できる様に必ず
shionnet.jp ドメイン設定してください


♥ 自分のとぼしをCheck!
あなたは何星?



紫音佑木の著書

  • ムーン・ダイアリー'16

7月のメッセージ


  • 木星イメージイラスト 木星(きぼし)
    『劫財の月』

    断捨離の月です。いろんなことをいっぱい背負わず欲張りになり過ぎず、自分に足るものにするために、ちょうどよさを目指しましょう。人間関係やお金、財産も同じです。優先順位、バランスが整ったら心も体も元気になります。判断基準は本物の価値。

  • 花星イメージイラスト 花星(はなぼし)
    『比肩の月』

    解放の月です。我慢の塊がやわらかくなって、少しずついい形で外に解放できそうです。こもっていたものが出るので毒抜き効果もあり、スッキリした感覚に。感覚的にいいもの、悪いものも自然と選別できるため、自分にとってイヤなものは寄せ付けない効果もあります。

  • 日星イメージイラスト 日星(ひぼし)
    『印綬の月』

    卒業の月。ずっと心に抱えていたものと、再び向き合う時間がやってきます。蓋をして見えないところに閉まっていたのに、目の前に現れるかもしれません。誰も責めないし困らないけど、あなた自身がつらいし疲れたし卒業したいそう想っているのかも。乗り越えてラクになりましょう。

  • 月星(つきぼし)イメージイラスト 月星(つきぼし)
    『偏印の月』

    休息の月。体も心も消耗してかなりお疲れのよう。休み方を間違うと更に悪化してしまいます。オンとオフのスイッチはしっかりと切り替えてゆっくり休みましょう。電池切れなので、休めば元のあなたに戻れます。悩みや不安があるならとことん話すこと。スッキリできます。

  • 山星(やまぼし)イメージイラスト 山星(やまぼし)
    『正官の月』

    真面目で控えめな月。無難に安全に平和的に、そういう穏やかな守られた生活に憧れ、その幸せを守ろうと頑張れる時間です。仕事に家庭にプライベートに全てにおいて一本芯があってとても誠実です。がんばりすぎて消耗し過ぎないでくださいね。適度な休息が大切です。

  • 田星(たぼし)イメージイラスト 田星(たぼし)
    『偏官の月』

    責任を果たす月。ちょっとした緊張感が常にあるかもしれません。期待されていたり、成果を求められたり、目に見える形で示さなければならない事が多いでしょう。経験したことがない場合、不安とストレスで辛いかもしれませんが、これはチャンスです。失敗を恐れずにがんばってみて。

  • 鋼星(はがねぼし) 鋼星(はがねぼし)
    『正財の月』

    守られる月。自分にも周りの人にも、愛情を注げる時間です。普段自分に厳しい人も今の自分も好き、と思えるでしょう。コンプレックスや不満など不幸の雑草が刈り取られて過ごしやすいいい環境があなたを取り巻いています。大いにこの空間、時間を楽しんで愛を感じて過ごして。

  • 鉱星(あらかねぼし)イメージイラスト 鉱星(あらかねぼし)
    『偏財の月』

    種まきの月。幸せの種をまきましょう。いい気はいい縁、いいチャンスをもたらします。だからこそ自分がどんなふうになりたいのか具体的により丁寧に言葉にして相手に優しく伝えていく必要があります。言葉にしてみると、自分でも気が付かなかった自分を知ることもできそうです。

  • 海星(うみぼし)イメージイラスト 海星(うみぼし)
    『傷官の月』

    コントロールの月。気持ちの揺れ動き、気分のムラや高まり、落ち込み、様々な場面で、他人と比べいろんな感情が噴水のように吹き上がるかもしれません。感情豊かなことは悪、ではないのですが、自分も周りもつらいかも。コントロールする意識さえあれば大丈夫です。

  • 滴星(しずくぼし)イメージイラスト 滴星(しずくぼし)
    『食神の月』

    美食愛の月。美しさに興味が出て、食事も楽しくおいしくグルメに、そして愛をいっぱい与えて欲しい!と欲張りになる時間です。自分が好き、という気持ちも包み隠さずオープンですが、それにも増して、愛されたい、特別扱いされたい、という欲求も。限度、節度を意識すれば大丈夫。






Top